Amazon還元率20%でパスグッズを購入する方法

【Anker PowerPort 2 Eliteレビュー】え!?そんな短時間で充電がたまるの!?

やば!!スマホ充電するの忘れてた!
もうすぐ出かけないといけないのに…
いつもはちゃんと充電するのに、ついうっかりスマホに充電器をつなぐのを忘れちゃうことってあるよね。

もうあんまり時間がないのに、充電がないと困る…。

 

こんなときは、純正のACアダプターよりもめちゃめちゃ早く充電ができる「Anker PowerPort 2 Elite」があると便利。

今回は、急速充電ACアダプター「Anker PowerPort 2 Elite」を紹介していくよ。

Anker PowerPort 2 Eliteで実際に充電してみた

実際にどんなスピードで充電できるかをご紹介していこう。

充電開始
充電10%の状態からスタート
30分後
30分で58%まで充電
1時間後
1時間で82%まで充電
わずか1時間で、10%だった充電が82%まで充電することができたよ。

充電50%くらいまではハイスピードで充電してくれて、それ以降は少しだけゆるやかに充電してくれる感じ。

それでもこの充電スピードは純正のACアダプターでは無理だよね。

注意
充電する機器によって充電の度合いは多少なり変化すると思います。

Anker PowerPort 2 Eliteの見た目と付属品

Anker PowerPort 2 Elite」は、すごくコンパクトな箱に入って届いたよ。

中に入っている付属品も、本体とマニュアルのみ。

 

もしコードがない場合は用意する必要があるけど、あなたが今まで使っていたスマホのコードで大丈夫だよ。

同じメーカーで揃えたい場合は、Ankerのコードがあるから紹介するね。

ちなみにこれは、Apple製品用。

ACプラグは収納式だから、持ち運びするときは綺麗な四角い状態で持ち運びができるね。

Anker PowerPort 2 Eliteのサイズは、6.1 x 2.9 x 5.8 cmだよ。

Anker PowerPort 2 Eliteの特徴

Anker PowerPort 2 Elite」は、USBポートが2つあるから2台同時に充電することができるね。

そして急速充電を可能にしているのが、Anker独自の充電技術の「PowerIQ」と「VoltageBoost」を搭載。

PowerIQとVoltageBoostってなに?PowerIQは、充電ポートごとに「最適な電流量」を推測してその機器に適した最大のスピードで急速充電を行うこと仕組みのこと。

VoltageBoostはケーブル内の抵抗を認識して出力電圧を自動調整することで、ケーブル毎に最適な速度で充電が可能になるんだよ。

しば犬
適切な電力と適切な電流を調べて、繋げたスマホにベストな状態で充電してくれるから急速充電が可能なんだね!

Anker PowerPort 2 Eliteの出力:5V/4.8A(各ポート最大2.4A)

Anker PowerPort 2 Eliteはワイヤレス充電器に使える!

実は今回、僕がこのACアダプターを購入したきっかけというのが「ワイヤレス充電器」を購入したこと。

ワイヤレス充電器を購入したのはいいけど、出力5V/2A以上のUSBアダプターじゃないと充電ができなかったんだよね。

iPhone純正のアダプターは「5V/1A出力」だから電力が弱くてダメでした。

大体のワイヤレス充電器は、出力5V/2A以上のUSBアダプターが必要になるから別途必要な場合はAnker PowerPort 2 Eliteでも大丈夫だよ。

Anker PowerPort 2 Eliteのレビューまとめ

フルスピードで充電できるACアダプター「Anker PowerPort 2 Elite」についてお伝えしてきたよ。

 

Ankerって元々googleに勤めていた社員の方が作った会社でね。

スバ抜けた技術力なのに、価格が安いから超人気メーカーなんだよ。

 

今回初めて純正以外のACアダプターを購入したんだけど、正直こんなに充電速度が変わるとは思っていなくてびっくり。

もっと早く購入していればよかったなーって思っちゃった。

 

充電機器って下手に安すぎるものを購入すると火事なんかの危険性があるから怖いんだよね。

Ankerは低価格なのに信頼できるメーカーをということで、めちゃめちゃ人気。

充電に時間を取られたくないあなたや、ついうっかり充電を忘れてしまうことが多いあなたには最適なACアダプターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください