Amazon還元率20%でパスグッズを購入する方法

性同一性障害当事者は骨髄バンクに登録できる?日本骨髄バンクに聞いてみた

性同一性障害なんだけど、骨髄バンクに登録できるのかな?
骨髄を提供しても大丈夫なのかな?
先日、日本女子水泳の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表した日から、全国的に骨髄バンクへのトナー登録についての問い合わせが急増しているよ。

あなたも、「骨髄バンクに登録して誰かの役に立てたら」って登録を検討している?

性同一性障害当事者でも骨髄バンクに登録ができるのか疑問に思ったので、直接日本骨髄バンクに問い合わせてみたのでお話していくね。

性同一性障害当事者でも骨髄バンクには登録ができる

この時点で「無理です」と言われてしまったら、それはそれでびっくりなんだけどね。

日本骨髄バンクでは、性同一性障害を理由に登録を拒否されることはありません。

ただし、なにかしらの薬を投薬中の場合は登録ができない可能性があるから注意しようね。

男性ホルモン投与歴があると骨髄バンクには登録できない

さて、ここで注意が必要なのはFTMが男性ホルモンを投与している場合。

男性ホルモンを投与している場合は、骨髄バンクに登録することは出来なくなっちゃいます。

これは、男性ホルモンを中断している状態でもだめで、過去に1度でも投与歴があると登録ができないという決まりがあるようです。

なぜ男性ホルモン投与歴があると骨髄バンクに登録できないのか

もちろん登録ができない理由は、移植を受けた患者さんのためです。

男性ホルモン剤って血液をどんどん作ろうとする働きがあるから、移植を受けた患者の造血能に影響を及ぼす可能性があるから避けられるのであれば
避けた方がよいって見解があるんだよ。

移植を受けた患者さんのことを第一に考えた決まりがちゃんとあるんだね。

女性ホルモン投与の場合は条件付きで骨髄バンクに登録できる

MTFの女性ホルモン等の場合は条件付きで骨髄バンクに登録することができるよ。

女性ホルモンを投与中は「投薬中」と同じ状態になってしまうから、骨髄バンクに登録はできないです。

だけど、女性ホルモンを投与していない状態で1ヶ月経過していると登録ができるよ。

ただ、打たない状態で1ヶ月経過していたとしてもすぐ提供するわけじゃないよね。

あなたと患者さんの相性が合うまで待機状態になるから、その間中ホルモン投与をすることができない

まとめ

性同一性障害だと骨髄バンクに登録できるのかどうか、実際に「日本骨髄バンク」に質問してみた結果をお伝えしてきたよ。

大事なポイントは4つだね。

骨髄バンク登録のポイント

  • 性同一性障害でも骨髄バンクに登録はできる
  • ただし、男性ホルモンを1度でも打っていると登録できない
  • 女性ホルモンの場合、1ヶ月打たない状態であれば登録できる
  • ただし、提供するまで女性ホルモンを打てない可能性がある

僕たちFTMは、ホルモン投与を始めてしまうと骨髄バンクに登録ができないので残念ながら協力はむずかしそう。

まだホルモン投与を行っていないなら登録が可能だけど、打つ予定あるとなるとむやみに登録はできないよね。

治療を進めている性同一性障害当事者としては、色々条件が合って骨髄バンクへの登録は出来なさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください