Amazon還元率20%でパスグッズを購入する方法

完全にやられた!パリのディズニーCMは涙が出るほど素敵だった

しば犬
何気なく見たCMで、涙をながしてしまうとは思わなかった…

1月26日に「王様のブランチ」で取り上げられていたニュース。

毎週録画してみてるのをなにげなーく見ていただけなんだけどね。

何気なく見ていただけなのに、気付けば物語に釘付けになってしまい最後には涙があふれてしまいました。

パリのディズニーランドのキャッチコビーは

「魔法が本物になるところ」

そのキャッチコピーにふさわしい感動的なパリのディズニーCMを紹介していくよ。

ドナルドにあこがれる小さなアヒルの物語

ある日、アヒルの子どもが草むらで偶然ドナルドが表紙の雑誌を発見。

ドナルドにすっかり魅了されちゃったアヒルの子は、漫画を読み込んだりドナルドのポーズを真似してみたり。

肌身離さず雑誌を大切にしていたんだよね。

だけどそんなある日、アヒルの一家は引っ越しの為にこの地を離れることになっちゃいます。

母親に促されて、大好きなドナルドの雑誌を持っていこうとするけど上手に持って飛び立つことができないアヒルの子。

ついには大好きなドナルドの雑誌が池に落ちてバラバラに…。

大好きなドナルドの雑誌がなくなってしまって悲しい思いをしながらも、嵐の中必死で新しい土地を目指して移動し続けるアヒルの家族。

そしてやっと目的の土地にたどり着くも、ドナルドの雑誌とお別れしてしまった悲しさは癒えずにしょんぼりしているアヒルの子。

しょんぼりしながらとぼとぼ歩くアヒルの子の前に現れたのは、信じられない光景だったんだよ!

しば犬
初めて見たときは本当に涙があふれてきたし、何回見ても目頭が熱くなるよ

まとめ

実際にスタッフが飼っているアヒルの子とアヒルの親をひったすら観察し続けて、羽の細部にまでこだわってリアルな動画を作り上げたんだよね。

リアル感もさることながら、心温まるストーリーにたくさんのファンが絶賛しているこの動画。

2018年の12月25日にYouTubeで公開されてからなんと160万回の再生数!

1分15秒って短い時間だけど、その短い時間で感動の映画を観たような気分になれるCMだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください