クリスマスにギフト券を贈ろう

性同一性障害を公表しているタレントさんや著名人さんを作品と共にご紹介!

ども!しば犬(@afi_ykm)です!

以前に比べ、テレビに出演する性同一性障害の方が増えてきましたね。

もしくは「実は性同一性障害なんです」ってカミングアウトするタレントさん。

そういう方々が増えるにつれて、世間の方に認知される機会も多くなったよね。

「性同一性障害のタレントさんってどんな方がいるんだろう?」
「性同一性障害の方で本とか出してる方いるのかな?」

そんなあなたに、性同一性障害を公表しているタレントや著名人をご紹介していきます。

FTM

安藤大将

女性競艇選手として活躍されていましたが、2001年に性同一性障害だと診断されています。

その後、乳房切除術を受けて男性競艇選手として再登録しましたが、現在は引退しています。

引退後に戸籍を男に変更して、現在は霊能力者として活躍しているようです。

虎井まさ衛

上戸彩主演で有名な「3年B組金八先生」の第6シリーズは、虎井さんがモデルになっています。

戸籍の性別の変更を求める活動の常に先頭になって活躍されている方です。

KAB.

性同一性障害だと公表して活躍しているシンガーソングライター。

伸びやかな歌声はすごく心地が良いです。

created by Rinker
マクセル イーキューブ(ターノンシー)

成瀬芳貴

漫画家さんですが、デビュー当時は女性で現在は男性として活動されてます。

同人活動もされていて、作品はHPで紹介されていますが現在は更新されていなようです。

杉山文野

女子フェンシングの日本代表に選ばれるほどの実力者ですが、色んな社会奉仕活動や講演活動を行っています。

ホルモン治療や乳房切除は行ったけれど、戸籍の変更はしていないようです。

諭吉(お笑い芸人)

吉本興業に所属するお笑い芸人さん。

世間に「性同一性障害」と隠すことなく活動しています。

SECRET GUYZ

先ほど紹介した「諭吉」さんが所属しているユニットグループ。

日本初のFTMユニットで、ツアーを行うほど人気でしたが、2018年2月に解散しています。

created by Rinker
スターダスト音楽出版

MTF

カルーセル麻紀

元祖ニューハーフタレント。

彼女が初めて手術を行ったのは、なんと19歳の時の睾丸除去手術。

その後、1973年に本格的に性別適合手術を受けています。

現在とは違い、彼女が手術を受けた当時は技術や設備が整っていない状態で「命を落とすかもしれない」と思ったそうです。

上川あや

世田谷区議会議員として15年以上活躍しています。

議員活動をしながら手術を受けて性別も変更し、女性議員として活躍されています。

「パートナーシップ証明」の成立の立役者でもあります。

KABA.ちゃん

元々振付師で小室哲哉さんプロデュースの元「dos」のメンバーさんです。

その時は普通に男性として活動されてました。

そんな彼女は「オカマキャラ」が有名で性同一性障害だとは、あまり知られていませんでした。

現在では性別も変更して活躍されています。

はるな愛

あややのモノマネで有名ですよね。

ミス・インターナショナル・クイーンという世界中のニューハーフでナンバーワンを決めるコンテストで優勝経験があります。

家族などの理解が中々得られず苦労した過去があるようです。

小西真冬

漫画かとして活躍されている彼女、実は女性の方と結婚されています。

結婚したのが20歳だったのだけど、その当時は自分の違和感のことをよくわかってなくて22歳の時に性同一性障害だと気づいたようです。

奥さんが凄く良い理解者で、女性化していく彼女を快く認めてくれています。

発売されている本は、難しい話もわかりやすく時には逆を交えて説明しているのでとても読みやすいですよ。

佐藤かよ

ファッションの出るでモデルの佐藤かよさん。

芸能界に誘われた際も「女性」としてスカウトされてます。

15歳の頃から将来性別変更をするために色々試みていたようですよ!

椿彩菜

タレントの椿彩菜さん。

以前は「椿姫彩菜」というお名前でしたが「姫」の部分を抜いたお名前に変更しています。

男子校に通っていた彼女は、自分が男性である苦悩を書籍で赤裸々に語っています。

現在はPCゲーム関連の仕事に多くかかわっていて、イベントなどに出演なさってます。

中村中

歌手の中村中さんは「友達の詩」という曲で有名になりました。

この曲は15歳の頃、自身の叶わない恋の切なさを歌詞として歌い上げています。


IVAN

パリコレのモデルとして大活躍しています。

2013年に「有吉反省会」という番組で、自身がオネエであることを告白して、その後性転換手術を受けています。

ですが、手術を受けていることをすぐには公表せず発表したのは2018年と遅め。

GENKING

「行列のできる法律相談所」という番組で同性愛者としてカミングアウトしているけれど、その後性同一性障害と正式に診断されました。

自署の「僕は私を生みました。」で性別適合手術を受けて戸籍も女性になった事を公表しています。

まとめ

メディアに出演されていたりして活躍しているのはやはりFTMよりもMTFの方が多いですね。

FTMの著名人さんもご紹介したけれど、引退してらっしゃったり陰の立役者さんだったり。

MTFのように大々的にメディアに出て活躍している方はいない印象。

僕は、以前1度だけテレビで「元女性」特集?があってそれを見た記憶はあるくらいです。

後はドキュメンタリー系が結構多いですね。

テレビには出ていませんが、本を発売している方が多いので読んでみると色々共感できる部分が多いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください