Huluの基本を簡単解説!映画好きなら知らぬと損!

ども!しば犬(@afi_ykm)です!

「Hulu」って聞いたことはあるけどなんだろう?難しそうだし別にいいか。

なんて思って今までスルーしていたあなた。

 

もしあなたが映画好きなら非常に損してますよ!!

 

しば犬は元々レンタルショップに勤めていただけあって映画は大好きです。

そんなしば犬がHuluの無料期間を試したところ…

そのまま有料でも契約をし続けて今年で6年が経過しようとしているよ。

 

「Huluってなんなのさ」
「Huluって色々難しいんじゃないの?」

 

Huluは全然難しくないので安心してね。

Huluは全作品見放題で映画好きのあなたにはピッタリな動画配信サービスなので是非あなたにご紹介していこうと思います。

注意
紹介している作品の画像は2018年6月13日時点の情報です。
配信が終了している場合もありますので詳細はHuluの公式HPにてご確認ください。

Huluってなに?まずは基礎を知っておこう

Huluは配信されている映画やドラマなどが見放題の定額制動画配信サービス

インターネット回線にさえ繋がれば好きな番組をいつでも楽しむことが出来るよ。

現時点で40,000本以上の動画が配信されていて、新しい動画がどんどん追加されているのでこの先もっと豊富になってくるね。

Huliは元々海外ドラマがメインだったんだけど2015年にHuluの日本法人フールー・ジャパンが日テレを買収してからは日本のテレビ番組やアニメも増えてきて家族全員が楽しめるサービスになっているよ。

しかも、パソコンだけじゃなくスマホやタブレット・ゲーム機でも動画を楽しむことが出来るから外出先や出勤中に動画を観て時間を潰すことも出来るよ。

Huluの月額料金

Huluの月額料金は933円(税抜)で、最大の魅力は月額料金を払えばすべて見放題というところ。

実は動画配信数はdTVやU-NEXTの方が多いのだけれど、全部見放題ってわけではなく「追加料金」を払わないといけない動画があるんだよね。

その点Huluは、933円(税抜)さえ払えば40,000本以上の動画がすべて見放題ってすごくない?

Huluで配信中の動画

Huluは元々アメリカの動画配信サービスだったので海外ドラマに関しては最強!

中毒性の高い海外ドラマが多数用意されているよ。

 

2015年の日テレの買収からは日本のドラマやアニメもどんどん増えてきているし、最近ではプロ野球のジャイアンツ主催試合をネットで独占配信をしているんだよ!

Huluのメリット・デメリット


メリット
  • 1080pのフルHD画質に対応していて高画質
  • 再生端末が豊富
  • 1つのアカウントで家族がみれる
  • マイリストで気になる動画を登録できる
↓↓さらに詳しいメリットはこちら↓↓
Hulu歴6年の僕がメリット徹底的に吐き出してみる
デメリット
  • 倍速再生ができない
  • アダルト作品なし
  • 韓流・華流はまだ弱い
  • 4Kや3Dは未対応
↓↓さらに詳しいデメリットはこちら↓↓
Hulu歴6年の僕が知っておきたいデメリットを徹底的に吐き出してみる

Huluの契約方法

Huluの登録方法はめちゃくちゃ簡単。

Hulu登録方法
  1. Huluにアクセスして「今すぐ無料でおためし」をクリック
  2. メールアドレス・パスワード・名前・支払い方法などを入力
  3. 登録したメールアドレスに届いたメールのURLをクリック
たったこれだけ。

1~2分ほどで完了しちゃうよ。

無料期間中に解約すれば料金は一切かからないよ。

継続しない場合は解約するのを忘れない様にしようね。

まとめ

映画が大好きだけどレンタルなどで利用期間を気にせずにゆっくり楽しみたいよね。

 

そんな時にはHuluはマジで魅力的。

 

実際僕は無料期間後も継続し続けて今年で6年だけど好きな時に好きなだけ映画を楽しんでます。

ディスクの入れ替えってせっかくの気持ちの盛り上がりが台無しだったりしない?

途切れることなく一気見できるのも結構魅力的。

 

ダウンロードできる訳ではないからインターネット回線がないと再生できないけど、スマホなら回線繋がってるから外でも再生できます。

魅力的なことをつらつらしゃべっちゃったけど、Huluの魅力って体験してみないとわからないので2週間の無料期間であなたに合うか試してみるのも良いですね。

正直、無料体験があるのに試してみたいのは映画好きのあなたにとってはすごくもったいないよ!

 

日テレドラマ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください