夜行バスを快適に利用に必要な持ち物は?初めて夜行バス体験記

ども!しば犬(@afi_ykm)です!

初めて夜行バスに乗る時って何を用意すればいいんだろうって不安になるよね。

僕が初めて夜行バスで東京に向かうことになったときも心配で色々しらべちゃいました。

 

「初めて夜行バスに乗るけど何が必要なんだろう」
「夜行バスを快適に過ごすにはどうしたらいいんだろう」

 

今回は、夜行バスを利用するのに用意したほうが良い持ち物や夜行バスでの最低限のマナーを紹介していくよ!

夜行バスを快適に過ごす必需品は?

バスのチケット

や、これはもう1番に必要だよね。

バス会社の窓口で予約した場合はその場でもらえるチケット。

今回僕はネットで予約をしたので予約後にローソンで支払いをして乗車チケットをもらいました。

Loppiって機械で支払いの為のレシート発行してレジでお金を支払います。
発券の仕方はこんな感じ
norimono.jp

支払うまで不安だけど、予約した後にメールで支払い方法とか詳しく書いてあるから安心だよ。

エア枕

夜行バスを利用している方のほとんどが利用しているであろう「エア枕」

どうやら定番のアイテムのようだね。

 

首まくらってあるらしいけど、空気を入れて利用するタイプがかさばらなくて良いんだそうだよ。

膨らませて装着して寝ると頭と首を支えてくれて快適度が全然違うのだよ。

バスの椅子で寝る時って首と肩に結構な負担がかかるので必須。

Amazonで売ってるのははちょっと高いから100均に売ってるもので十分だよ。

マスク

バスの中って空調がバンバンきいてるんだよね。

喉などの乾燥が気になるならマスクは必須。

余談だけど、バスの中では靴を脱いでくつろぐ人がほとんどなのでたまにバスの中が足の臭いで充満しちゃうこともあるようだよ(笑)

created by Rinker
のどぬ~るマスク
¥968 (2018/10/14 23:10:39時点 Amazon調べ-詳細)

イヤホンか耳栓

バスの中は暇なので寝るまでの時間をスマホでゲームをして過ごしたり音楽を聴いたりする際はイヤホンを使用しましょう。

間違っても普通に音出してたらめっちゃ睨まれるよ。

 

夜行バスは何十人もの人と一緒に過ごすので寝息などが気になるかもしれない人は耳栓を用意するとベストですね。

バスの走行音も高速を走るとはいえガタガタやっぱり音がして気になる可能性大。

 

アナウンスが聞こえなくなる可能性があるんだけど、僕の乗ったバスはアナウンスと同時に電気が付いたんだよね。

どのバスもそうならそれで気付けるかも。

アイマスク

カーテンも締まっているし基本真っ暗なんだけどね。

それでもうっすらと光が入ってくる場面があるので「真っ暗じゃないとダメ!!」ってあなたには必須なアイテム。

アイマスクと耳栓がセットの商品も売ってるよ。

軽食と飲み物

出発時間が遅い場合は出発の前にご飯を食べておけばいいけど飲み物は用意しておいた方がいいね。

食べ物を持っていく場合は、一応マナーとして食べる時に匂いがないものや音がしないものにしましょうね。

車内は乾燥してるし飲み物もやっぱりあった方が良いけど、紙コップはこぼれちゃうかもだからやめときましょう。

しば犬

バス会社によっては初めからいくつかの備品が用意されているのでHPでチェックしておくといいね

大きい荷物とバスに持ち込む物を分けておこう

大きい荷物は座席の上の荷物置きに置けばいいじゃん!って感じだけど荷物置き場めっちゃ小さいです(笑)

そしてバス内のスペースも狭いです。

 

大きい荷物はバスに乗る前に預けられるからバスに持って入る分は小さいカバンなどで分けておきましょうね。

預ける時は引き換え用の番号札もらえます。

夜行バスの過ごし方とマナー

荷物を預けて、席を探して席に過ごしたら後は目的地までゆっくり過ごすのみ!

快適な過ごし方と覚えておきたいマナーは押さえておこうね。

席に着いたら靴は脱ぎましょう

靴を履きっぱなしで寝たりするのは結構しんどいですよ。

なので靴はさっさと脱いじゃったほうがらくちん。

 

座席には脚を置ける場所もあるからぜひ利用しようね。

結構脚伸ばせるよ。

シートを倒すときは後ろの人に一声が大事

くつろぐ為に座席を倒すでしょうけど、倒す前に一言後ろの人に

しば犬

シートを倒しても大丈夫ですか?
って声をかけましょうね。

そんなん声かけなくてもいいだろうが!って思うかもしれないけど、一応礼儀だと思ってます。

この一言があるのとないのとではやっぱ気持ちよさが違うよね。

ちなみに、僕がバスに乗った時も前の席の人は倒す前に言ってくれました!
(僕は最後列だったので気を遣う事なく倒しましたけどね)

スマホはほどほどに

スマホの光って暗闇の中では思ってる以上に目立つんだよね。

眠れないしちょっとくらい良いだろう~って気持ちでスマホ触ってると周りの人に迷惑になっちゃうからやめておきましょうね。

大体のバスには車内にトイレあります

バス会社にもよるのかな?でも大体の夜行バスには車内にトイレはあるから安心。

でも一応予約取るときに確認してね!

酔いやすいあなたは座席に注意

どうでも良い余談だけど、僕が夜行バスに初めて乗った時

 

めっちゃ酔いました(笑)

 

子供のころ酔いやすくて心配ではあったんだよね。

大人になって酔う事もなくなったから大丈夫かな~って思ってたんだけど、最後列はダメだったらしい。

もしくは、シートを倒しすぎたか。

最後列は結構揺れを感じるから酔いやすい場合は避けた方がいいね。

予約の際「早割り」って安く買えるチケットは最後列の可能性大。

 

乗って寝始めて2~3時間後位に「あ、やべーかも」ってなったよね。

残り5~6時間もあるのに(笑)

正直ぶっ倒れるかもって思って覚悟してたんだけど、体起こしてしばらくしたら気持ち落ち着いてきてね。

でも座席に寄り掛かって揺れを背中で感じたらきっとまた酔うと思ったので、前の座席の方の倒してるシートのてっぺん?に顔乗せて寝てました(笑)

本当に申し訳なかったし気付かれたらどうしようって思ってたけど、なんか言われたら正直に「酔うんです」って言おうと思う位切羽詰まってたよ…

 

酔いやすい人は、真ん中位の席が良いらしいよ。

帰りの時の昼便では最前列だったので酔いませんでした。

まとめ的な


初めて夜行バスに乗る際に調べた事はこんな感じだね。

常備薬があるならば薬も必須だね。

夜行バスに乗ってしばらくすると電機も消えて真っ暗になるから寝てしまう人がほとんどだよ。

 

最近のバスは乗り心地が良かったりするからエア枕を使わないって人も多いけど、一応用意しておくといいね。

夜行バスで座る席は足を十分に伸ばせる感じではあるよ。

だけど荷物が多いとそれだけ狭くなるから、最低限のものだけ用意して快適に過ごせるようにするのが大事だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください