Amazon還元率20%でパスグッズを購入する方法

こいつぁヤバいと評価の高い映画「死霊の盆踊り」観たら後悔しか残らなかった

しば犬
「死霊の盆踊り」というホラー映画をあなたはご存じだろうか?
タイトルの通り、僕はこれ以上にヤバイ映画は知らんです。

僕は以前レンタルショップで担当をしていたので、そりゃぁもう毎月何百本ってタイトルの映画の中から入荷するDVDを決めていたんだよね。

有名なタイトルはもちろんのこと「何なのコレ?」ってタイトルも、もちろんたくさんあります。

今回は、月に何百本と発売されるDVDの中から

  • ほんと…なんでこんな映画を作ったんだ。まじで
  • 「全米が泣いた」って表現あるけど、これは「全米がドン引きした」だな
  • 1.5倍速で見ててもツライ
  • 人生で最大級に無駄な時間を過ごした
観た人誰もが絶望する映画を紹介していこう。

では、映画界では知る人ぞ知る超有名作「死霊の盆踊り」の話をしていくよ。

ホラーの代名詞「死霊の〇〇」絶頂期の作品

1960年代にアメリカで公開された映画で、その時のタイトルは「Orgy of the Dead」
「〇〇・オブ・ザ・デッド」と言えばゾンビ映画の代名詞だよね~

 

「死霊の〇〇」という代名詞ブームが訪れた1980年代に日本に上陸した映画で、ブームにちゃっかり乗っかってみたのか「死霊の盆踊り」という邦題になりましたよ。

しば犬
ホラーにしては、パッケージに恐怖感は感じられないよね

肝心のストーリー

僕がもし、友人に「死霊の盆踊りってどんな映画なん?」って聞かれた際には迷わずこの言葉を友人に贈ると思います。

しば犬
ひっっっっっっっったすら踊ってる映画
これ以上の的確な表現ないわ!
って位的確です(笑)

 

え?そんなんじゃわからない?

仕方ない、一応wikiに明記されている「物語」なる文章を一応張り付けておくね。

ある夜、売れない小説家のボブは、恋人のシャーリーとともに小説のネタ探しをするために墓場に向かっていた。
途中でシャーリーが引き返すよう強く迫り、ボブは仕方なくUターンして戻ることにしたが運転を誤り、2人は車ごと転落してしまう。
その頃、墓場では夜の帝王と闇の女王が宴を開いており、死霊となった女たちが踊っていた。
様子を物陰から見ていたボブとシャーリーは途中で見つかってしまい、縛り付けられてしばらく踊りを鑑賞させられる。
そして2人は闇の女王に襲われそうになるが、その瞬間に朝日が差し込んで死霊たちは骨になり、2人は救急隊によって救出された。

いやぁ…頑張って要所の説明してあるね。

映画にすらなってない映画

いまだかつて、これほどフォローのしようがない映画には出会ったことない。

誰もがこんな感想を抱く映画だよ(笑)

 

映画として大事なもんすら成り立ってないからね?

どんだけのものか紹介しちゃいますよ。

しば犬のツッコミと共にお楽しみくださいませ。

時空すら超えてきた

作品が始まると出てくるカップル。
男性のお仕事はホラー作家らしく、ネタ探しのために墓地に出かけるところからはじまります。

夜の墓場って怖いよね!そりゃ行くの嫌だよね!
そしてカメラのアングルが変わった次の瞬間

…!?夜だよね?夜に墓地に向かってるんだよね?
そしてまたカメラのアングルが変わると…

うん。夜だよね?夜に墓地行くの嫌って言ってたもんね?
真っ暗だから何も見えないよね!
そしてまたカメラアングル…


しば犬
夜なのか昼なのかどっちなんだよ!!
時間を合わせるっていう至極当然の事すらめちゃくちゃにスタートしたよね。

出演者がカンペ読みまくり

この後このカップル。
なんの前触れもなくハンドルのコントロールを失うという現象により崖から大転落。
車から放り出されるんだけどコントかよ!って位不自然な放り出されっぷり。

何はともあれカップルが墓地に到着したところで、夜の帝王とか名乗るおっさんの演説が始まります。
「死霊たちの恐怖の宴が始まるのだ!」などと訳の分からないことを語るんだけど


しば犬
どこ向いてんだよ!!
ほんと清々しいくらい横向きながら堂々と演説。
これ、視線の方向にはセリフのカンペがあるんだよ(笑)

 

何が面白いって、途中で演出のスモーク炊きすぎてカンペが見えなくなったおっさんがものすごく困惑してるんだよ。
もう、撮り直しとかする気ないよね(笑)

ここからが恐怖の始まりと言わんばかりの展開

演説が終わるといよいよ「死霊たちの恐怖の宴」とやらが始まる模様。
そして登場したのが「火に命をささげた女」

まぁ、どう見ても生身の人間なんだけどね。
さて、そんな生身の人間死霊の踊りを見ながら喜ぶ夜の帝王(さっきのおっさん)と闇の嬢王(新登場)。

そしてなぜか次の瞬間


しば犬
なんで裸!!
もうここからが本領発揮だよね。

この映画の怖い所は
こんな女性死霊が5~6人、1人当たり10分ほどの裸踊りが延々と続くって所!

 

大げさ?
いや、ほんとに踊ってるだけだからね。
言葉通り、踊ってるだけ。

しば犬
恐ろしい…恐ろしすぎる…
こんな踊りを見せられてて忘れてたけど、あのカップルは?


いたよ。
大学のパーティーなわけねーだろ。

ほらみろ。捕まった。

 

のんきに眺めてるからこのカップル捕まっちゃいましたよ。
墓に縛り付けられてどうなるこのカップルと思いきや。

しば犬
また裸踊りかよ!!
なぜかわざわざ縛り付けられて裸踊りを見せられるカップル。
もう…これ僕たちが拷問受けてるみたいだよね…。

 

ついに(不自然だけど)物語が動いた!ってな感じで。
闇の嬢王がカップルにナイフで襲い掛かるんだけど降り注ぐ太陽にやられて全員骨になってしまいカップルが助かった!

 

そして拷問から解放された瞬間衝撃の結末が…!
や、こんなもの(+結末)の為に時間を消費したと思うと…。

 

どんな踊りを見せられるのか、ぜひあなたの目でご確認ください…

ほんと、こんな踊り。

まとめ

正直、初めて見たときは拷問過ぎて頭おかしくなりましたね。
(それ以降観てないけど笑)

 

この映画、マニアの中では知らない人はいないのでは?ってくらいとんでもねー映画って意味で超有名です。

 

取り扱っている店舗があるのかどうか不明だけど、もしあなたがレンタルショップに行ってこのDVDを見つけたなら!
…ごめん。おすすめできんわ(笑)

 

でも、マニアの中ではこんなDVDでもコレクションとして購入する人もいるみたいだね(笑)

 

すげーな。マニア(笑)

しば犬
おすすめ映画のカテゴリーでごめんね

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください