トランスリバティさんの記事を諸事情により非表示にいたしました

FTM(性同一性障害)の治療で後悔や自殺する人がいる事を知っておくべき

ども!しば犬(@afi_ykm)です!

ホルモン注射を打って手術を行い名前や戸籍を変更する。
輝かしい未来を想像して治療を始める人は多いし、実際に僕もそうだったよ。

その未来は間違いではないし、あなたは少なからず今よりも生きやすくなる可能性は高いと思う。

 

だけど、当事者の全てが治療を行って満足しているわけではないと言う事実もちゃんと理解しておくべきだと僕は感じています。

なぜなら、治療を開始する前より開始した後の方が後悔して自殺する人の割合が高いから。

 

治療を始める前に、喜ばしいだけじゃなく苦しむ可能性があることをしっかり理解しておいて欲しいことをお伝えしていくね。

治療を始めた後、どんなことで後悔するのか

知識不足などで起こる後悔

知識不足の場合、ほとんどは自己判断で治療を始めてしまって後々「こんなはずじゃなかった」と後悔するパターン。

あなた

そんなこと思う訳ないじゃん
って思った?

 

でも、気持ちが変わらない保証はどこにあるんだろう。

 

世の中見てみようよ。

幸せそうに結婚式を挙げる新郎と新婦。

幸せ絶頂のこの2人は将来離婚するなんてこと考えてないよね。

でも、実際離婚してしまう夫婦が世の中どれだけいると思う?

しば犬

あくまでも、例えなんで。
離婚と一緒にすんな!ってクレームは受け付けません(笑)
その時は自分は性同一性障害だ!FTMだ!という意志が強いかもしれない。

だけど、後悔する可能性0%でありません

  • 実際に男社会に入ってみると、何か違う
  • FTMとの出会い、メディアの影響で勘違いして「自分はこれだ」と思う
これは実際に治療後に後悔した方の例だよ。

小さい頃に父親から受けた嫌がらせや男性からの嫌がらせを受け、女性としての自分を拒絶してしまうパターンもあります。

実際にカウンセリングを受けたとしても後悔する人はいる

自己判断はダメだと言いながらも、ちゃんとガイドラインに沿って治療したにもかかわらず後悔する人もいるわけです。

性同一性障害の診断を下す医師の中には2種類の医師が存在します。

 

①適当に診断をする医師
②真剣に判断しながら診断をする医師

 

①は説明もいらないであろう「やぶ医者」です。

②はちょっとびっくりするけど、実際に起こりうること。

以前、ブログでこんな記事を書いたことがあります。
性同一性障害のカウンセリングは勘違いや後悔をしないかをチェックするもの 実は「性同一性障害の診断」はとても難しいんだよね。
※「性同一性障害の診断」に関しては後日記事にします。

 

知識不足やご診断で性同一性障害の治療を始め「FTMじゃない」と気付き、治療を途中で止める人は大勢います。

治療を中断して女性として結婚して子供がいるけれど、ホルモン注射で変わった声などの影響で生きづらい日々を送ってる。

人と接するのが怖く人間不信になってしまって、最悪の場合自殺の道を選んでしまう人も。

治療後の体調不良などで起こる後悔

ホルモン治療を開始すると、副作用として「強い鬱」状態になることがあるんだよね。

  • 自分がFTMだと周りにばれるのではないか
  • 今後の将来が不安
正直、ホルモン治療を始めたり手術を行ったとしてもFTMとしての悩みがすべて解決するわけではありません。

治療前よりは生きやすかったり悩みの度合いは減るだろうけど、根本的な部分は解決しないんだよね。

 

FTMである以上、どんだけ治療を進めたとしても純粋な男の体にはなれません。

 

男性ホルモンがしっかり分泌されないから死ぬまでホルモン注射を打ち続けないといけない。

生殖器を付けたとしても、それはしょせん作り物です。

 

あえて辛い言い方をしました。

だけど、これは本当にちゃんと理解しておいてほしい部分なんです。

この部分をあなたの中でちゃんと理解して消化する、もしくは割り切らないと生きるのが辛くなってしまうよ。

治療後に自殺をしてしまう人の多くは「鬱」が原因だと言われてます。

 

正直僕も、昔はとても悩んでました。

しば犬

・どうしてこんな体で産まれてきたんだろう
・どうして普通に生きていればしなくて良い苦労をしないといけないんだろう
・あんなにお金をかけたのに中途半端な体
・どんだけ治療しても周りからどう思われているか不安
昔ほどではないけれど、今でも気分が落ち込んでいると考える時があります。

悩むときは悩んで良いんです。

だけど、最終的には今のあなたをちゃんと認めてあげてくださいね。

数年前の自分と比べてみて「頑張ったな~俺」って褒めましょう。

 

深く掘り下げちゃうと不便な部分はあるけれど、変われただけあなたは凄いですよ!

 

後は、副作用で起こる体調不良で仕事が出来ず生活に困ったり手術の後遺症が酷くて後悔するパターンがあります。

まとめ


インターネット上では、治療を行ってからの変化に対する喜びの声が溢れているよね。

治療を始めることによって、健康面や人間関係などあなたの人生は大きく変わってきます。

治療や手術を行えば幸せになれるとは限らないということを理解して忘れないようにして欲しいです。

 

大事なのは治療をすれば幸せになれるのではなく、治療を進めることであなたがどう強く生きていくかどうかで幸せが決まります。

治療を始める前に今一度、自分自身としっかり向き合って考えてみようね。

もちろん後悔なんてまったくしない人もいるし、あなたもそうかもしれない。

ただ、こういうこともあるんだよって知っておいてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください