【FTM】男性ホルモンを注射することで起こる副作用は知っておくべき!

ども!しば犬(@afi_ykm)です!

以前に「ホルモン注射を打つとこんな変化があるよ!」って記事書きましたね。
FTMがホルモン注射を打つことで起こる体の変化を解説 今回はその時の記事とプラスして大事な事をお伝えしたいと思います。

 

それはホルモン注射を打つことで起こる副作用です。

 

ホルモン注射は体にイレギュラーな事を促すのでやはり体にとっては負担になるんだよね。

 

「ホルモン注射を打つとどんな副作用があるんだろう」
「ホルモン注射でどんなことが起こる?」

 

ホルモン注射を打つことは、あなたにとってとても嬉しいことだとだよね。

でも、それだけリスクがあるってのをちゃんと知っておくのが大事。

今回はそんな「ホルモン注射を打った際の副作用」についてお伝えしていくよ。

 ホルモン注射を打つことで起こる副作用

ホルモン注射を打つことで体には色んな変化が起こる。

でも望まない効果、つまり副作用はやっぱり発生してしまいます。

  • 肝機能障害を起こしやすくなる
  • 体重が増加する
  • 動脈が硬くなる
  • 髪の毛が薄くなる
  • ニキビができやすくなる
  • 内性器(子宮など)が縮む
  • 内性器の免疫が低下する
  • 高血圧になりやすい
  • 多血症になりやすい
この副作用を2種類に分けて説明していくね。

男性ホルモンなので仕方がない副作用

髪の毛が薄くなる・ハゲる

ちなみに僕の場合、髪の毛はいまだフサフサなんだけど抜け毛は増えたな~って感じてます。

でも、ハゲてはないんだよ。毛が多いのかな?

ただ、白髪は多い(笑)

ニキビができやすくなる

ニキビなんて、思春期男子って感じだよね。

ニキビは打ち始めのころに背中にニキビができた位かな?

でもしばらくすると落ち着いたし、特に苦労はしてないです。

体重が増える

体重が増えることに関しては筋肉が付きやすくなるからかな?っては思うけど、脂肪も付きやすくなってしまうから食事管理は大事だよね。

体重は増えたよ!!

筋肉も脂肪もどっちも増えちゃったからね!(笑)

おっさんみたいな腹になってきたから今頑張って筋トレしてます。

自己管理が大事になってくる副作用

肝機能や動脈の硬化、多血症や高血圧に関しては、下手をすると命にかかわってくる可能性があるよね。

肝機能の低下

肝臓は生命活動を行うのに不可欠な働きをしてくれる機能なので肝機能が低下したりすると体に不調は起こりやすい。

肝臓の主な機能・代謝機能…食事から摂取した栄養をエネルギーに変える
・解毒作用…体にとって有害な物質を無害化する
・エネルギーの貯蔵…脳に必要なエネルギーを貯蔵する
・胆汁の生成…血中のコレステロール値を調整して脂質の消化吸収を助ける

肝臓って結構大事だよね。

動脈硬化

動脈が硬くなると心臓に負担がかかりやすくなって臓器などの機能に影響するし血管が破れやすくなって死んでしまうケースもあるよ。

血液の異常

多血症は血液中の赤血球が増えてしまう状態で、血液が濃くなって詰まりやすくなるので脳血栓や心筋梗塞を起こしやすくなる。

ここら辺の副作用って結構命に係わるってきてしまうので普段から健康的な生活を心がけるのが大事になってくるよ。

まとめ

ホルモン注射を打ち始めると、肝臓や血液に影響がでるって事はしっかり覚えておこう。

自分は大丈夫だろうと思わずに普段から健康管理を心がけるのはすごく大事だよ。

 

なんの病気も持っていない人でも普段から健康に気を付けていたりするよね。
でもホルモン注射を打つ僕たちは必ず体に悪影響を与えているのは確実なので普段気を付けている人の倍以上は気を付ける位の心掛けが必要。

 

普段の食生活でも、野菜を多く取り入れたりタバコを吸っているならタバコをやめたり、お酒を控えたり…
普段から気を付けれることはたくさんあるよ。

 

そして半年に1度のペースで血液検査を受けてください。
ホルモン注射を受けているなら血液検査はちゃんと受けようねって話 これは医師自身も推奨している事。
血液検査をすることで肝臓や血液の状態を把握することが出来るから何かしらの対策をすることが出来るし、今打っているホルモンの量や間隔が体に合っているかどうかを確認できるからね。

 

ホルモン注射はあなたにとって一生付き合っていく必要がある事。
だからこそ、しっかりと理解をすることが大事だよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください