しば犬が内摘以降の手術を渋ってる話。その①

体験記でも書いてるんだけど、しば犬は内性器摘出まで終わらせて性別の取り扱いの変更をして現在は男性として生活をしています。

 

内性器摘出以降の手術は行ってないので男性器は付属しておりませぬ。

 

もちろん、付属させたいよ。
(付属、て(笑))

 

でもね、色々考えちゃうんだよね。
今日はそんなお話にお付き合いくださいませ。

色々考えてます

多分なんだけど、僕以外でも内性器摘出までは済ませるんだけどそれ以上は手術を行わないって人はたくさんいると思うんだ。

・それ以上するつもりはない。
・それ以上の手術をしたいんだけど出来ない。
・それ以上の手術をしたいんだけど悩んでいる。

様々だと思うけれど僕の場合はというと。
欲しいけど、色んな意味で出来ない。です(笑)

 

その色んな意味をちょっと吐き出そうかな。

費用


も~ね。これより先(陰茎)の手術は金額が本当にやばいわ(笑)

 

手術で得られる心の安らぎ「プライスレス」
とか言ってらんないですわ。

 

これより先(陰茎)の手術少なくても300万円以上かかるからね!
ここまでの手術でもお金絞り出してきたんだわ。
定期崩したり、親が助けてくれたり。

 

でもこれ以上はさすがに辛いな~って現状。
なんせ保険が効かないから全部自費だしね。

休暇がとれない

陰茎形成ともなると手術後の入院にだいぶ日数が必要になるよね。それだけ大きな手術だし。

 

タイで手術を受けたとしても入院期間にプラスして術後経過を見るために必要な滞在日数があるから約1ヶ月は滞在する必要があるし、日本に帰ってきたとしてもすぐ働けるような状態とも限らないからね?
しかも1回じゃ終わらないし。

 

半年開けたとしても、また長期休暇を頂くって現状は難しいし、その期間自分の仕事ができないっていうのもさすがに厳しいものがあるよね。

陰茎形成を行うとすげー傷が残る


陰茎を形成する際は、腕か太ももの皮弁を使うんだよね。

皮弁って?

血流のある皮膚・皮下組織や深部組織の事だよ。
なので皮膚を使うって言うけど実際は皮膚だけじゃない感じ

腕か太ももの皮下組織を使って陰部を形成するんだけど…実はね、これすごく大変ってか無理なのでは?って思ってるんだけど、

こんな感じで腕に尿道形成用のシリコンチューブを挿して、挿したまま半年過ごすとか無理くない?
仕事できないよ。これ(笑)

 

昔これやってる方の写真を見たことがあるんだけど、腕からがっつりチューブ飛び出てたわ。にゅって出てた。
見た目も怖いし(笑)
隠さないと人前に出れないと思う。
Googleさんとかで「FTM 手術 ペ〇ス」とかで検索したら実際の画像出てくるよ。

 

画像見てもらえればわかると思うけど、こんだけ広範囲の皮膚組織を使用するのでがっつり傷跡が残るんだよね。
元の皮膚状態に戻るのは無理かと思う。

こんな手間とリスクでもちゃんとした物は出来ない

もうね。一番の理由がこれ。
お金とかさ、休みとかさ。あんだけ言ってたけど意地になればどうにかしようと思えばできるって言うか、自分の人生が変わるならすべてほっぽり出してでも実行すると思うんだよね。

 

 

でも、出来ない。

 

 

そこまでのリスクを負って手に入れたとしても、所詮作りものなんだよね。

 

普段はそこそこのサイズ感で、好きな人と「うふふ」な時にはビックになって。射精して。子供作って。

 

そんな男性としての当たり前の状態になる訳じゃない。

 

勃起するわけじゃないからいつも同じ大きさ。
通常時のサイズよりもでかいサイズの物が常にぶら下がっている状態。
見栄えは結構本物っぽいけどね(笑)

 

術後の感染症などのリスクも高くて再治療の人も多い。
陰茎内にインプラントを挿入してくって事も可能で、えっちの際に挿入が出来るらしいんだけど炎症を起こす確率が高い。

 

色んな事を考えると、踏み出すにはすごく勇気がいります。

 

その②につづきます。

しば犬が内摘以降の手術を渋ってる話。その②

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください